研究誌

研究誌バックナンバー

『手話通訳問題研究』120号
『手話通訳問題研究』120号
特集 今こそ!『情報・コミュニケーション法』実現へ
1. 石川会長の私の視点 -情報・コミュニケーション法について-
2.「情報・コミュニケーション法(仮称)」が私たちの暮らしを変える
  ~「情報・コミュニケーション(仮称)」の骨格提言の内容について
    全日本ろうあ連盟 小中栄一副理事長にインタビュー~
  情報・コミュニケーションへの期待 全国視覚障害者情報提供施設協会 野々村好三
                    NPO法人日本障害者協議会事務局長 荒木 薫
3.大切にすべき視点と障がい者制度改革推進会議での試み
 -今こそ最前線の感覚と役割を- 藤井克徳
4.奮闘中! 情報・コミュニケーションの保障を求めて
  高松市手話通訳市外派遣拒否訴訟弁護団の一員として 弁護士 杉山晴代
  代読裁判を通じて学んだこと 代読裁判弁護団 岡本浩明 

福祉最前線 No.1 児童福祉法「改正」と保育所の今後 藤井伸生
      No.2 障害者総合支援法 伊藤 正

ZENTSUKEN NETWORK
・のぞいてみよう支部機関紙
・リレーエッセイ
かばんの中の一冊
チャレンジ手話クロス
ハガキで話そう
全通研取り扱い商品一覧
編集後記

『手話通訳問題研究』は、一般社団法人国手話通訳問題研究会会員限定の機関紙で非売品です。
お読みになりたい方は、各都道府県支部または、全通研事務所までお問合せください。

研究誌