支部紹介

愛知支部/東海ブロック

支部結成:1979年11月
めめちゃん・みみちゃん・ててちゃん

 愛知県手話通訳問題研究会(愛通研)は1979年(昭和54年)11月、全国で9番目の支部として会員数77名でスタートし、今年で33年目となります。
 組織的には、愛知を5つの班(名古屋班、東尾張班、西尾張班、東三河班、西三河班)に分け、それぞれの地域から‘地区委員’を選出し、各班で地区委員会を開催します。
 また、各班から4名ずつ選出された20名の運営委員で運営委員会を開催し、事務局の他に組織部、企画部、機関紙部に分かれ活動します。
 今年度は『聞えない人の思いを受け止め、みんなで一緒に活動しよう』をテーマにして、「聞こえない人たちが暮らしやすい地域」に変えるためにどんな動きが必要かをそれぞれが考え、活動計画を話し合います。
 また、会員には職業、年齢、手話経験年数等様々な人がいます。一人ひとりが通研の会員であることを実感でき、「自分にできること」を自ら考え、仲間と一緒に動いていく・・・そんな通研を目指しています。
 2013年1月19日 には、東海ブロックの中で愛知にだけまだない聴覚障害者情報提供施設を早期に設立するための、アイラブメガバブルショーを愛聴協と一緒に開催します。子どもも大人もみんな一緒に楽しめますので是非見に来てください。
 そして、2月23、24日には全国手話通訳問題研究討論集会が名古屋で開催されます。寒い冬に全国の仲間の熱い討論が繰り広げられることを楽しみに準備を進めています

連絡先
全通研事務所まで
  • 岐阜
  • 静岡
  • 愛知
  • 三重

支部紹介